埼玉県障害者ワークフェア2021
さいたま市PRキャラクター「つなが竜ヌゥ」
公益社団法人埼玉デザイン協議会「サデコショップ」
職域拡大を目指して~ICT活用型教育訓練の様子~(埼玉県雇用労働課)
埼玉県立職業能力開発センター
県立特別支援学校さいたま桜高等学園【床クリーニング実演】
福島応援キャンペーン

9月は「障害者雇用支援月間」です

埼玉県障害者ワークフェア2021

障害者雇用について理解を深めていただくオンライン・イベントです!

「障害者ワークフェア2021」は、障害のある人とない人が、共に働き・活動する姿、学ぶ姿、支え合う姿を御紹介しています。どうぞ、それぞれの団体のサイトまで進んでいただき、是非その熱心な活動や取組を御覧ください。
障害のあるスタッフが作った商品の販売や、障害者雇用を支援する制度の御案内のほか、熱戦の感動が冷めやらないパラリンピック東京2020大会での本県ゆかりの選手の活躍ぶり、福島県応援キャンペーンのコーナーもあります。
イベント会場をそぞろ歩くように、あちらこちらのサイトを御覧いただき、私たちみんなで障害者とともに働くことについて理解を深めていければ…と願っています。

このワークフェアは、2009年度から前回2020年度まで「高齢者・障害者ワークフェア」として、事業主や県民の皆様に高齢者と障害者の雇用についての理解を深めていただくイベントとして、毎年開催してまいりました。
今回からは障害者雇用にフォーカスして開催いたします。
なお、今回も新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、昨年度に引き続き、Webページ上での開催としております。

このサイトは2021年10月末までの限定公開になります。

団体紹介

ITワークス浦和

就労継続支援B型事業所 ITワークス浦和はIT関係に特化しているため、在宅就労・在宅学習にて就労支援を行う事ができます。例えば「外出する事自体が困難」「人が多くいる場所に行く事ができない」「電車やバスなどで通勤をする事ができない」色々な理由により通所できない方をサポートしております。ITワークス浦和ではすべての障がいのある方が平等に就労・学習できるように取り組んでおります。

今回の特設ページでは主に就労継続支援B型事業所ITワークス浦和にてデザインのお仕事で活躍する利用者さまとその素晴らしい作品や作業の内容を紹介させていただきます!

サイトを見る
ITワークス浦和

アトリエ・アンノウン

“好きなことを仕事につなげる”
絵を描くことが好き、感性を表現していきたい、アートとふれあい創り出す環境を事業所として現実化。
就労継続支援B型事業所をアトリエとして活躍の場が生まれ、アーティストとして、絵画を提供していただき、ANNOUNデザインを加え、商品化し販売。 売り上げから工賃を生み出します。絵のクオリティーやセンスを問うのではなく、絵を描くことが好きであれば、アーティストになり絵画の活動に加え、個々に寄り添った様々な支援を行う事業所になります。

サイトを見る
アトリエ・アンノウン

社会福祉法人元気村 夢工房翔裕園

当店のロゴは、書道家の「武田双雲」先生に書いていただいております。
元気餃子の♥は「この餃子を食べた方が元気になりますように」 との願いを込めています。
素材の味が生きている!専門店ならではの和餃子材料には豚肉は、長島養豚(深谷市永田)で小麦由来の飼料で育てられたブランド豚「むさし麦豚」、野菜は国産にんにくは秩父産・鴻巣産を使用しています。
品揃えは、毎日食べたくなる「元気餃子」(18個600円)にんにく・ニラが入ったスタミナ満点の「スタミナ餃子 」(16個600円)国産無農薬よもぎを餡に入れた「よもぎ餃子 」(16個600円)販売しています。 店内の工房で障害のあるスタッフが製造しています。ご家庭でつつみたての美味しさをぜひお試しください。

サイトを見る
社会福祉法人元気村 夢工房翔裕園

公益社団法人埼玉デザイン協議会

私たちサデコは、県内の障害者施設に対して、30年前から「ものづくりデザイン支援活動」を行っております。 そして、そこでつくられた授産品の展示・販売を目的に、県の施設SAITEC(埼玉県産業技術総合センター)1階に【サデコショップ】を開店しております。 このショップでの売り上げは、障害者施設へ支払われ、材料費や施設利用者の工賃となります。 又ここで得られた作品に対する皆様からのご意見は、出展施設へ「ものづくりデザイン支援活動」のかたちで伝えられます。

ぜひ、当ショップにお越しいただき、障害のある人が一つひとつ心を込めて作った世界でオンリーワンの商品をご覧いただき、お買い求めいただけますよう、宜しくお願い申し上げます。

サデコショップはSDGsに取り組みます。
商品の売上の向上により、障がいのある人たちが生きがいのある生活を行える社会の実現を目指します。

サイトを見る
公益社団法人埼玉デザイン協議会

一般社団法人 埼玉県障害者スポーツ協会

埼玉県障害者スポーツ協会は、埼玉県における障がいのある人々が、生涯にわたって主体的かつ多様なスポーツ参加・活動が保障されるよう、その機会提供や環境整備を支援するとともに、 地域に根ざした健康の維持・増進や社会参加の促進を通じて、全ての県民の生涯スポーツ振興への寄与を目的として活動しています。 すべての障がい者が、ずっと笑顔でスポーツを楽しめるよう、各種大会の運営や開催を行っています。

サイトを見る

株式会社ePARA

~誰もが輝ける社会を創る~
株式会社ePARA(イーパラ)は、eスポーツを通じて、障害者が自分らしく・やりがいをもって社会参加する支援を行っています。
支援活動の一環として、バリアフリーeスポーツに関するニュースの取り扱いや、バリアフリーeスポーツ大会の企画運営、就労支援を行っています。

サイトを見る
株式会社ePARA

ダンウェイ株式会社

~企業での障害者雇用の実現を目指します~
ダンウェイ株式会社は、神奈川県川崎市・横浜市などの地域を主に障害児・障害者の良いところを伸ばし、労働生産性を追求し、社会への自立(障害者雇用)を目指す障害者就労支援事業所です。
知的、身体、精神、発達障害の方々の支援をしています。
当社開発の「シームレスバディ」(特許第6831118号、特願2019-014919)は埼玉県のICT活用型教育訓練事業に採用されています。

サイトを見る
ダンウェイ株式会社

埼玉県立特別支援学校さいたま桜高等学園

本校は知的障害の程度が比較的軽い生徒が通う高等部単独の支援学校です。

【設置学科】
・生産技術科(農園芸コース・フードデザインコース)
・家政技術科(接客サービスコース・服飾デザインコース)
・工業技術科(木工コース・インテリアコース)
・環境・サービス科(オフィスサポートコース・メンテナンスコース)

【本校の特色】
・職業教育に重点をおいた教育課程。
・適性就労の実現と職場定着の向上を目指した、「働く力」を育むための授業内容。
・1年生から3年生まで、年間を通じて産業現場等における実習を実施。

サイトを見る
埼玉県立特別支援学校さいたま桜高等学園

埼玉県立特別支援学校塙保己一学園

-県民と出会い、ふれあい、塙保己一の「誠心(まことごころ)」を求めて-

専攻科は、視覚障害のある方が、職業自立を目指して、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師を養成する課程です。
「埼玉県高齢・障害者ワークフェア」では、マッサージ体験コーナーを設置し、県民の方々に本校について知っていただくための活動を行ってきました。 これらの活動は、校外臨床実習として地域住民、県民の方々とのふれあい、更に社会貢献等を担う大切さや喜びを学ぶよい機会となっています。
本校は、埼玉県で視覚障害教育を担う唯一の公立学校です。
「見えない、見えにくい」ことならなんでもお気軽にご相談ください。

サイトを見る
埼玉県立特別支援学校塙保己一学園

埼玉県立蓮田特別支援学校

〇本校概要:
国立病院機構東埼玉病院(筋ジストロフィー病棟入所施設)に隣接。児童生徒の8割が知的障害を併せ持つ重度障害を有する。
<生徒の主な居住地>
さいたま市(岩槻区以外)と上尾市の高崎線東側全域、伊奈町、蓮田市

<卒業生の進路先(過去5年)>
進学:5、就職:2、就労移行:3、B型:3、地活:2、継続療養8、 生活介護29、その他2(在宅職業訓練、在宅)

<本校の就職希望者の傾向>
車椅子使用でパソコン入力等の事務職希望
通勤や日常生活での支援が必要なため在宅勤務希望
知的な遅れはなく、コミュニケーションや社交性を生かした仕事に適性あり

〇HP掲載資料:
①ワークフェア新聞(類型 Ⅰ Ⅱ Ⅲ)予定
②ワークフェア新聞(類型 Ⅳ)予定
③企業向け学校公開9/16(当日Zoom会議、メールでの事前資料受け取りのみの参加も可) サイトを見る

埼玉労働局職業安定部職業対策課

厚生労働省埼玉労働局及び県内15カ所あるハローワークでは、障害のあるなしに関わらず、誰もがその能力と適性に応じた雇用の場に就き、地域で自立した生活を送ることができるような社会の実現を目指し、障害者雇用対策を総合的に推進しています。

埼玉県障害者ワークフェアでは、障害者の雇用割合が高く、障害者雇用に積極的に取り組んでいる事業所に対して、労働局長による障害者雇用優良事業所の表彰を実施しています。

また、ワークフェアでの表彰の他にも、障害者雇用に関する優良な取組を行う中小事業主の認定(通称:もにす認定)を随時行っています。
もにす認定にご興味のある事業主の方は、事業所を管轄するハローワークにぜひお問い合わせください。

サイトを見る
埼玉労働局職業安定部職業対策課

埼玉県立職業能力開発センター

職業能力開発センターは、求職者の方が就職に必要な技能・知識を身に付けるため、職業能力開発促進法に基づいて設置された公共職業能力開発施設です。また、在職者の方に対しては、業務で必要な知識等を身に付けるためのスキルアップ講習を行っています。 当センターでは、障害のある方を対象とした就職のための職業訓練
(1)知的障害のある方対象のサービス実務科(1年)
(2)精神・発達障害のある方対象の職域開発科(6か月)
(3)障害者委託訓練(1か月から4か月)を行っております。
詳しくは、当センターHPをご覧ください。

サイトを見る
埼玉県立職業能力開発センター

独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構埼玉支部

高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)は、高齢者の雇用の確保、障害者の職業的自立の推進、求職者その他労働者の職業能力の開発及び向上のために、高齢者、障害者、求職者、事業主等の方々に対して総合的な支援を行っています。

1:高年齢者の雇用に関する支援
①高齢者のさらなる活用に向け「65歳以上に定年を引き上げる」「定年制度の廃止」等の取り組みを行う事業所に対し、助成金を支給します。
②高齢者雇用の専門家が事業所へ伺い、高齢者の雇用や活用に関するご相談に乗ります。(費用は無料です。)

2:障害者の雇用に関する支援
①「障害者が働きやすいよう職場の環境を整えた」「車通勤の障害者のために駐車場を借りた」等、障害者を雇用するなかで発生した費用負担に対し、助成金を支給します。
②障害者を5名以上雇用する事業所では、社員の中から「障害者職業生活相談員」という障害者に対するサポートを行う役割の方を選任する必要があり、当機構ではこの相談員を認定する講習を行っています。
(受講料およびテキスト代は無料です。)

※上記は支援の一部になります。その他、詳細につきましては当支部のホームページをご覧ください。また、ご不明点やご質問等ございましたら、048-813-1112までお問い合わせください。

サイトを見る

独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構埼玉支部 埼玉障害者職業センター

障害者職業センターでは障害者に対する専門的な職業リハビリテーションサービス、事業主に対する障害者の雇用管理に関する相談・援助、地域の関係機関に対する助言・援助を実施しています。

1:障害のある方に対する職業相談・職業評価、職業準備支援、職場適応援助者(ジョブコーチ)による支援、精神疾患で休職中の方に対する職場復帰支援(リワーク支援)などを行っています。

2:事業主に対して、採用計画から職場定着までの各種相談・支援を行っています。

※上記は支援の一部になります。その他、詳細につきましては埼玉障害者職業センターのホームページをご覧ください。
また、ご不明点やご質問等ございましたら、048-854-3222までお問い合わせください。

サイトを見る

さいたま市障害者総合支援センター

さいたま市障害者総合支援センターでは、さいたま市在住の障害者への就労支援を行っています。
就職に向けての相談のほか、就労準備性を高めるためのパソコン講座や就職活動支援講座などの各種講座を実施しています。
また就職後、長く働き続けるための定着支援や離職予防のための講座を行っています。

サイトを見る
さいたま市障害者総合支援センター

公益社団法人埼玉県雇用開発協会

当協会は障害者、高年齢者等の雇用並びに就業への啓発、指導及び援助等により雇用の促進を図り、これにより福祉の向上に寄与することを目的としています。
障害者の雇用支援事業として、
・社内ジョブコーチ育成講習会
・企業と特別支援学校との情報交換会
・出前セミナー
・雇用優良事業所と優秀勤労障害者の協会長表彰
などを行っています。

サイトを見る
公益社団法人埼玉県雇用開発協会

埼玉県障害者雇用総合サポートセンター(企業支援)

埼玉県障害者雇用総合サポートセンター企業支援業務部門では、企業からの障害者雇用に関する様々なご相談をお受けしております。 障害者雇用の経験がある企業出身のスタッフや精神保健福祉士の専門スタッフが対応いたします。お気軽にお問い合わせください。
また、ホームページでは、障害者雇用の支援事例やセミナー等のご案内、活動内容の紹介をしております。
「オンライン障害者雇用サポートセミナー」も公開しております(閲覧可能期間:9/16~9/30)。ワークフェア2021webページをご覧いただいた方の特典として、事前申込期日を9/13(月)まで延長させていただきます。
特に「障害者雇用の支援事例」では、埼玉県内にある121社(9/1現在)を産業分類別に掲載し、障害を持つ方が様々な業務で活躍して働いている事例を写真付きで紹介しています。

サイトを見る
埼玉県障害者雇用総合サポートセンター(企業支援)

埼玉県障害者雇用総合サポートセンター(定着支援)

埼玉県障害者雇用総合サポートセンター職場定着支援業務部門では、次の3つの業務を行っています。
(1)アドバイザーによる障害者雇用に関するコンサルテーション
(2)ジョブコーチによる障害者の職場適応支援
(3)アセスメンターによる職業準備性評価支援
これら3つの業務は、障がいのある方ご本人の支援はもちろんですが、対象となる企業への支援、また障がいのある方の後ろ支えとなっている支援機関様への支援という「3つの視点」に立ったもので、日々支援を提供させていただいております。
今回のワークフェアにおきましては、この「3つの視点」に立った支援の提供に関する事例をご紹介いたします。事例の紹介につきましては、当センターの受託先である、特定非営利活動法人東松山障害者就労支援センターのホームページに掲載しておりますで是非ご覧ください。

サイトを見る
埼玉県障害者雇用総合サポートセンター(定着支援)

埼玉県産業労働部雇用労働課

埼玉県障害者ワークフェアの一環として、優秀勤労障害者並びに障害者雇用優良事業所の表彰を行っています。
また、埼玉県障害者雇用総合サポートセンター(愛称:サポセン)の運営をしています。

当課HPの「障害者の仕事チャレンジ」コーナーでは、
〇働きたい障害者
〇障害者を雇用したい事業主
〇障害の有無に関係なく、誰もが適性や能力に応じて働くことができる社会を望む方
…への情報を掲載しています。

制度に関することはもちろん、実際に働いている方や事業所の方のインタビューなども掲載しています。
気になる情報をチェックしてみてください。

【サポセンPR動画】
「知らないあなたは損をしている」はコチラから!

サポセンPR動画へジャンプ
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0809/syougai-map/suportsenter.html

サイトを見る
埼玉県産業労働部雇用労働課

埼玉県県民生活部オリンピック・パラリンピック課

東京2020大会に向けた県の取り組み、東京2020大会に出場した県ゆかりの選手や各選手の競技結果などを掲載しています。

サイトを見る
埼玉県県民生活部オリンピック・パラリンピック課

福島県

「ふくしま 知らなかった大使」は、ふくしまを知らない人たちの代表。
大使である女優・松岡茉優さんの目や体験を通して、ふくしまを知らない視聴者の方々にも「ふくしまの今」を少しずつ知っていただくプロジェクトです。
特設サイトでは、松岡大使が出演する動画の他、大使就任テストも受験出来ます。

サイトを見る
福島県
ページトップ